メニュー

  •  
大阪安保で取り扱っている書籍とパンフ

★2014

『集団的自衛権と日米安保』
頒価400円
〈主な内容〉
はじめに
1.集団的自衛権の行使は本当に
  必要なのでしょうか
2.安保法制懇報告の
  3つのごまかし
3.集団的自衛権行使による
  4つの危険
4.憲法が生きる国づくり
■補論
■米軍基地強化と集団的自衛権



★2013『日本の米軍基地』
【小泉親司著】 頒価600円
〈主な内容〉
【T】いま日本の米軍基地は?
【U】「米軍再編」とかつてない基地闘争の発展
【V】オスプレイ配備と「米軍再編」
【W】米軍と自衛隊の従属的一体化はどこまできたか?
【X】「基地のない沖縄・日本」をめざして

★安保がわかるブックレットI
「9条改憲と日米安保」
(B5版) 400円 


★『1からわかる日米安保』(B5版48頁) 200円 2011年4月発行 

★『普天間問題と安保50年』 (安保がわかるブックレットEB5版65頁) 400円 2010年6月発行

★『原発・原子力空母』(安保がわかるブックレットGB5版64頁) 400円 2011年10月発行

●牧 俊太郎著 『「米国のポチ」と嗤われる日本の不思議』 (B5版288頁) 1,500円 本の泉社 2011年12月発行
●末浪 靖司著 『対米従属の正体・・米公文書からの報告』 (46版288頁) 2,200円 文研 2012年6月発行

ミニパンフ 高江ヘリパッド反対 『平和な生活を壊さないで』  (A6版16頁)  100円 沖縄県統一連  2011年6月発行

ミニパンフ 『横須賀の港に浮かぶふたつの原子炉』   100円  2011年6月発行




大阪安保「沖縄連帯・支援ツアー」

 6月26日(金)〜29日(月)の3泊4日の日程で、安保破棄大阪実行委員会主催による「沖縄連帯・支援ツアー」に行ってきました。当初、定員35人でしたが、それを上回る41人の参加となりました。
  伊江島、辺野古、高江と回り、最終日には、名護市基地対策課との懇談も行いました。


《伊江島》

   伊江島では、オール沖縄の原点ともいえる、1950年代の「島ぐるみ闘争」の中心的存在、阿波根昌鴻さんゆかりの場所を訪れました。「ヌチドゥタカラの家」や「団結小屋」に書かれていた、「陳情規定」は、今のたたかいに引き継がれていると感じられるものでした。

 伊江島で酪農を営んでいる、平安山さんに現地ガイドをやっていただき、生活感あふれる説明を聞くことができました。「いつもの土日は、黙認耕作地(米軍用地内だけど、地主に一定の使用が求められている農地)へ草刈り」ということも話してくれました。

 うたごえをやっている人が参加者の中にいて、辺野古・キャンプシュワブゲート前では、「沖縄をかえせ」と「うりずんの海」をツアー参加者が前に出て、座り込み激励として歌いました。

 辺野古周辺のガイドを、上野郁子さん(やんばる統一連)にやっていただき、この間のたたかいの経過やこれからのワクワクする見通し(文化財となり得る「碇石」発見の話など)などを話してもらえました。

《高江》

 高江では、28日に「「座り込み8周年集会」が行われ、その集会にみんなで参加しました。

 この間のたたかいの経過や、これからの闘いに向けての決意などが話され、第2部では歌あり、踊りあり、芝居あり。会場内を子どもが走り回っているのも、高江らしいと感じられる集会でした。今まで、東村議員は誰も参加していなかったのですが、今回は、伊佐真次議員ともう一人、仲嶺眞文議員が参加して、仲嶺議員が連帯のあいさつをしました。昨年秋に伊佐さんが選挙で当選して議員になったことが大きな力になっているのだと、ここでも感じました。



《名護市基地対策課との懇談》

  名護市基地対策課との懇談では、稲嶺進市長からのメッセージの読み上げから始まりました。課長と係長が対応してくれましたが、その二人の言葉に参加者一同本当に感心させられました。「辺野古へ基地は絶対に作らせない」という稲嶺市長のもと、同じ強い意志で仕事をしているということが感じられました。はっきりと、「埋立承認には瑕疵だらけ」と話しておられました。この二人の職員の話には、同行してくれていた、仲里市議も感心される程でした。

 ヌチドゥタカラの家館長の謝花さん。伊江島の平安山さん。名護の上野さん。名護市基地対策課の方。不屈館館長の内村さん。本当に行くところ行くところで、熱い話を聞かせてもらえました。参加者からも「ぎっしり中身が詰まっていて、一週間にも10日にも感じられた充実した旅でした。」と感想が寄せられています。

 伊江牛のバーベキュー、「やんばる学びの森」での宿泊、歌って踊っての交流会。

 沖縄の素晴らしさや、たたかいの歴史と現状を見て、沖縄とのつながりが強まったツアーでした。






6月の安保定例23宣伝行動


 6月の大阪安保定例23宣伝行動を、夜の「6・23府民集会」の宣伝を含めて行いました。20人の参加で、220枚のビラをまき、署名も54筆集まりました。
 今回からゲストスピーカー制を導入し、一回目は沖縄の名護共同センターへ2週間オルグとして入っておられた、福山功勝さんに来てもらいました。

 6月23日は、現安保条約発効の日。23宣伝行動の発端の日です。それぞれの弁士が、国会延長批判や、憲法違反の戦争立法に対して怒りを込めて訴えました。署名にも足を止めて応じてくれる人、ビラを自ら受け取ってくれる人など、関心が高まっているのを感じました。





「ストップ安倍政権、戦争法案阻止
6・23府民集会」に4000名の参加

 この集会の企画については、大阪労連など労組・民主団体が参加する国民大運動大阪実行委員会、憲法会議共同センター、安保破棄大阪実行委員会の3団体が、戦争法案の国会提出の5月頃から府民大集会の開催を決定しました。

 6月23日(火)18時半からの集会には、扇町公園を埋めた4000名が決起しました。川辺大阪労連議長の主催者あいさつ、辰巳孝太郎参院議員の国会情勢あいさつでは、「戦争法案の危険性をさらに明らかにさせ、廃案に。会期延長したことを安倍首相に後悔させよう」と呼びかけました。タテ線や地域でその取り組みが報告されました。

 デモは、最終21時頃に西梅田公園に到着するという予測しない事態まで起こり、1コースだけでは収集できないことになりました。なんといっても、戦争法案を絶対阻止しなければという思いが強まっているからです。

 この間、93歳の瀬戸内寂聴さんが車いすから立って、国会前で訴え。憲法学者の樋口洋一さんが、「日本の今と未来に希望を持てた」とSEALDsの学生や若者を前に訴えるという「本気」のたたかいがすすめられています。

 また、個人参加者から6・23集会に参加したが、林立する旗にびっくりするとともに、組織に属していない人が集える形態を主催者側も考えてほしいという要望が出されるなど労組や民主団体の枠を超えたものになりました。

 今回の総括を行うとともに、廃案めざす全体の意思統一を7月6日(月)に、国労会館で行いました。そこでは、憲法会議共同センターを大阪の民主勢力のセンター的な役割として強化し、戦争法反対のたたかいを団体、地域で広げることを確認しました。



平和友好団体の共同行動

 大阪市の住民投票では、平和友好団体が「草の根」の取り組みをすすめていくことを決め、3回にわたる共同行動を展開して、一定の役割も果たしてきました。今回の戦争法案でも同様の取り組みを6月16日の打ち合わせ会議で決定し、共同行動を展開しています。すでに、6月19日上六前、原水協の9の日宣伝に10名、21日(日)の夕方天王寺駅前でのうたごえ宣伝行動に23名、6月30日の早朝桃谷駅で14名が宣伝など3回の共同行動を行っています。

 今後、7月11日(土)16時〜、千日前(ビッグカメラ前)、15日(水)16時〜空堀商店街、16日(水)16時平和委員会集合で、谷六周辺のハンドマイク宣伝を行います。ぜひ多くの方の参加と協力をお願いします。ビラ配布、署名行動が中心です。

 衆院で強行採決される危険性も高くなってきましたがそうなったとしても、「民主主義破壊許すな!」「立憲主義を壊すな!」と列島騒然の状態をつくり、廃案にしなければなりません。


中央の総がかり行動と一緒に

 国会周辺では、憲法共同センターを含む3団体が中心になって、総がかり実行委員会を結成し、国会周辺などの行動を連日取り組んでいます。こうした廃案に向けた大同団結の取り組みが今必要になっています。2日には、大阪の49名の呼びかけ人のうち7名が心を込めた訴えを行いました。また総がかり実行委員会の高田健さんは、「同心円型」でなく「同円多心型」の運動で、反対勢力の層を厚くする提起を行いました。

 大阪で1万人集会を7月18日(土)17時から扇町公園で開催します。この集会への参加を呼びかけるものです。


 大阪安保夏の事業活動「千歳のとうきび」ご注文受付開始しました。

お届けは、8月上旬からになります。 30年近く、毎年取り組んできた定評のある とうきびです。

 ご注文は、注文人と送付先の、住所、氏名、電話番号、お届け希望日時、注文数をファックスかメールで、大阪安保まで

 25本入りで4,500円
 10本入りで2,500円(共に送料込み)

 


『戦争する国づくり』反対」
「辺野古新基地建設工事の中止・
         普天間基地無条件撤去」

    《2つの署名、提出のお願い》

 現在、国会では「戦争法案」の審議が行われています。その中で、この法案の危険性がみるみると明らかになっています。
 しかし、政府は6月24日の会期末を延長してでも、今国会でこの法案を通してしまおうと執念を燃やしているようです。
 安保破棄中央実行委員会では、会期末を迎える6月24日に、署名国会提出行動を行います。
 大阪として、現在集まっている署名を6月19日までに集約しますので、それまでに大阪安保までお届けください。